能力を活かす

歩くサラリーマン

東京は23区・26市・5町・8村から成っており、日本で一番企業数と人口が多く集結している日本の経済の中心であり近代的な街ではありますが、古くからの名所も数多くあり毎年、国内海外から多くの観光客が訪れる日本でも有数の観光地となっています。
特に多くの人が訪れる名所として、皇居や新宿御苑、浅草寺、明治神宮、最近では東京スカイツリーや江戸東京博物館などが有名で、毎日多くの観光客で賑わいを見せています。
そして名所ばかりではなく東京には特産品も数多くあります。
江戸切子や東京彫金、江戸風鈴、江戸扇子、黄八丈などの工芸品、雷おこしや人形焼、もんじゃ焼き、深川めし、佃煮などの食品、TOKYOXという豚肉も有名です。

下町でも葛飾区や台東区、墨田区の3区に特に多く、街並みも昔の日本を残す物が多くある場所としても有名です。
東京を代表する工芸品や食品も、下町で作られていることが多いのは、この地域に職人の技を引き継いでいる職人が多く居ることを表しています。
そしてTOKYOXという豚肉は1990年から7年間かけて生み出された豚で、主に多摩地区で飼育されており、幻の豚とも呼ばれています。
TOKYOXは美味しい豚肉として有名な黒豚にも負けないほど、良質な豚肉であるとして高い人気があります。
このように特産品は工芸品から食品、畜産と様々有り、日本の中心として近代的な街ではありますが、日本古来の伝統を受け継ぐ特産品を数多く残しています。