学べる環境

駆け上がるサラリーマン

東京にはとにかく様々な特産品が溢れていますので目移りしてしまいそうですが、やはり人気のあるのは歴史と伝統のある商品ということになります。
たとえば都内でいいますとガラス細工切子は有名で今でもグラス類などは大変な人気を得ています。
また羽子板といった商品も江戸らしさを彷彿とさせるものです。
また意外な伝統をもったものが村山大島紬でであったり東京染小紋とったもんであったりし、こちらも静かな人気を維持しているのです。
もうひとつさらに意外性があるのは東京の場合大島や八丈島といった都に属する伊豆諸島からの特産品があることです。
くささや黄八丈なども東京の特産品として人気を得ている商品になります。
全体的に歴史のあるものが人気といえます。

東京は江戸時代1600年代初頭からすでに400年以上も首都として機能してきているだけに地方にあった特産品もこの近隣で生産されたりするものが多く、予想以上に工芸品や伝統的な食品、繊維製品などが揃っていることがわかります。
しかもそうした商品が近代化の波の中でしっかり残っているところが特産品として大きな特徴ということができます。
やはり長く首都圏として人が地方から集まる都市であっただけに様々な特産品がこの地でも製造されてはぐくまれてきたことが非常によく理解できる状況です。
それだけに特産品の領域も食品から伝統工芸品に至るまで幅広くなっているのが大きな特徴です。
さらに様々な地方から伝わった手法を利用しているものが多いことにも驚かされます。